気になる価格 | いつかママになり新たな命の誕生を祝うときまで
Women Health

気になる価格

排卵誘発剤の平均的な費用について

排卵誘発剤は主に不妊治療の際に使用されます。排卵誘発剤には飲み薬と注射がありますが、どちらも健康保険での治療が可能となっているため、飲み薬で5百円ほど、注射で千円から千5百円くらいが相場となっています。 ただ、保険での治療には1か月に使用できる回数が決まっているので、それ以上使用する場合は自己負担と決められています。 一般的に女性は年齢を重ねるほど卵巣の機能も低下すると言われており、その分妊娠する可能性も低くなっていきます。現在では不妊で悩む女性も多いと言われていますが、排卵誘発剤は卵巣を刺激して排卵を促す作用があるので、妊娠できる確率が高まります。安い費用で治療ができるので、妊娠を望む女性は医療機関を受診してみると良いでしょう。

平均的な不妊治療の費用について

不妊の原因は女性だけの問題ではないため、不妊治療を始める際には男女共に検査をすることが大事になります。 どちらにも特に不妊になるような原因が見つからない場合は、排卵誘発剤を使用して排卵日に性行為を行うタイミング法を試みることから始まります。タイミング法で妊娠できた場合にはさほど不妊治療にかかる費用も負担にならないでしょうが、タイミング法をしばらく続けても妊娠しない場合や、何らかの原因で自然妊娠が難しいと判断された場合に行われる人工受精や体外受精は、健康保険が適用とならず1度に数十万円という費用がかかってしまいます。特に体外受精の場合は高度な医療技術が必要となるため、人工受精よりもかなり高い費用となってしまいます。